2020年のベトナムの最も優れた情報通信技術ニュースのTOP10

2020年のベトナムの最も優れた情報通信技術ニュースのTOP10

2020年は、全国的なデジタル変革の年、Make in Vietnamプログラムが始まる年、コロナ時代の社会隔離活動に関連するテクノロジーの年と見なされています。

例年のように、年末ごろの時、ベトナムITジャーナリストクラブは、その年の最も優れたテクノロジーニュースのTOP10に投票しました。

2020年は、コロナの大流行によって全世界が不安定になる年です。ベトナムは多かれ少なかれパンデミックの影響を受けていますが、それはテクノロジー企業が新しい働き方を生み出すときでもあります。教育システムは、新しい時代に適応するためにオンラインプラットフォームの使用に移行しました。

情報通信省の抜本的な指示の下、通信事業者たちは迷惑SIMを防止するためのより強力な対策を講じています。年末に、3つの大手通信キャリアは、2021年の商用開始に備えて、5Gネットワ​​ークテストソリューションプログラムを開始しました。

2019年に情報通信大臣NguyenManhHung氏によって開始された「MakeinVietnam」という旗の下で、多くのテクノロジー企業がAI、ビッグデータ、機械学習、ブロックチェーンを基にして開発し、ベトナム市場だけでなく世界にも役立つ製品とソリューションを発売します。 FPT Akabot、ビジネス管理プラットフォームBASE、タクシー手配Beアプリケーション、オンライン学習hocmai.vnアプリケーションなどの製品がMake in Vietnam2020賞を受賞しました。

ベトナムITジャーナリストクラブが投票した2020年の最も著名なテクノロジーニュースTOP10は次のとおりです。

 

1.ベトナムは全国的なデジタル変換戦略の公開・展開

2020年6月、2030年に向けた2025年までの全国デジタル変革プログラムが首相によって承認されました。このプログラムは、2030年にベトナムがデジタル国で安定した繁栄する国になり、新しいテクノロジーとモデルの実験を先頭する国になるというビジョンを示しています。政府の管理および管理活動、企業の生産および事業活動、人々の生活および働き方を根本的かつ包括的に刷新し、安全で人道的で幅広いデジタル環境を開発することです。国家デジタル変革プログラムは、デジタル政府、デジタル経済、デジタル社会の発展と、グローバルに進出する能力を備えたベトナムのデジタルテクノロジー企業の形成の両方を目的としています。これは多機能戦略ですが、最も重要なことは、国の成長の源泉を生み出すだけでなく、労働生産性を高め、雇用構造を変え、多くの社会的価値を生み出すことです。

2.三つの大手通信キャリアに対する5G実験の許可提供

2020年末までに、Viettel、VinaPhone、MobiFoneを含むベトナムの3つの主要な通信キャリアが実験許可を取得し、ハノイとホーチミン市で5G商用テスト活動を展開します。 5Gは、現在の4Gより​​約10倍の速度で、データネットワークに関するより困難な問題を解決し、よりスムーズな速度体験を提供することが期待されています。ベトナムでは、5Gがモバイルユーザーに卓越した体験をもたらし、国の経済力に劇的な変化をもたらすことが期待されています。 5Gの早期導入により、ベトナムは5Gモバイルテクノロジーを同時に適用する先頭の国の1つになり、デジタル変革、デジタル経済を強くするために新しいテクノロジーの開発に集中する方針を持っています。

3.コロナ接触者追跡の多くのアプリケーションが誕生

コロナの流行が発生し、ベトナムはウイルスの拡散を効果的に制御および防止した数少ない国の1つでした。 Make in Vietnamテクノロジーの製品は迅速に開発され、医療面をサポートしています。 コロナの流行の予防と制御をサポートするための多くのアプリが誕生しました。次のようなものがあります。VNPTおよびベトナムの主要な情報通信技術企業によって開発された医療宣告アプリ(NCOVI); ViettelSolutionsによって開発されたベトナムの健康宣言アプリ; BKAV、Memozone、VNPT、MobiFoneの4つの大手テクノロジー企業が共同開発したコロナ接触検出アプリ(Bluezone)などがあります。自動リモート体温計や床を掃除して消毒するロボットなど、さまざまな便利なソリューションがすぐに生まれました…。これは確かに、ベトナムのICTコミュニティが政府や医療業界と協力して感染爆発を防ぐという、前向きで積極的な影響です。

4. 迷惑メッセージ・迷惑電話の防振に関する政令第91号を公布

迷惑メッセージ、迷惑メール、および迷惑電話との闘いに関する政令第91/2020 / ND-CPは、2020年10月1日から発効します。したがって、製品やサービスに関する情報を提供するための電子メール、メッセージ、電話に関連する迷惑行為は、違反のレベルによって行政処分が25,000JPYから500,000JPYまで罰金され、所有電話番号を撤回される可能性があるという。一方、メール、メッセージ、広告電話などを介したコンテンツサービスの提供に関する規制への違反は違反行為によって、行政処分が50,000JPYから850,000JPYまで罰金されるという。政令第91号は、長年存在してきた迷惑電話の課題を完全に処理するための政府の特定の行動です。

5. MAKE IN VIETNAMデバイスで最初の5G通話を実施

2020年1月17日、Viettelは、自分で製造したデバイスで最初の5G通話を行いました。 5Gモバイルネットワークは2019年5月10日にベトナムでの実験に正式に接続されましたが、ベトナムが製造したハードウェアとソフトウェアを含むデバイスを使用して5G通話が行われるのはこれが初めてです。このニュースで、ベトナムは国内企業によって製造されたデバイスに5Gネットワ​​ークを展開することで世界をリードする国のグループに入りました。 Viettelの先には、世界中で5Gネットワ​​ーク機器の製造に成功したのはEricsson、Nokia、Huawei、Samsung、ZTEの5社だけでした。 Viettelは、5G機器の製造に成功した世界で6番目の企業になりました。現在世界では、ベトナムの通信事業者だけが通信事業者でありながら、5Gネットワ​​ーク機器を製造することができます。

6.オンラインプラットフォームでの学習が爆発

コロナウイルスによって引き起こされたダイナミックの発生は、世界にベトナムに、研究及び学習の形態に大きな影響を与えました。ベトナムでは、流行が発生し始めたとき、ウイルスの拡散を防ぐために多くの学校を閉鎖しなければなりませんでした。ただし、学生と学生の学習を妨げないために、テレビやオンラインプラットフォームでの教育や学習など、さまざまな形式の遠隔学習が採用されています。テレビでの多くの学習プログラムは、学生の学習ニーズを満たすために実装されています。さらに、Zoom、Microsoft Teams、Google Classroomなどのオンライン教育アプリケーションも多くの学校で使用されているため、教師は本当にクラスで勉強するように知識を伝え、学生と直接対話することができます。これは、2019-2020学年度が予定どおりに終了するのに役立ったオンラインおよびテレビの学習ソリューションのおかげで、卒業国家試験が当初の計画どおりに行われることを保証します。

7.デジタル企業向けMake inVietnam賞を初実施

2020年12月23日にハノイで開催された第2回ベトナムデジタル企業開発フォーラムで、情報通信省は初めてMake inVietnamデジタル製品賞を与えました。これは、ベトナムの人及びベトナム企業によって設計および開発されたデジタル製品を称えるために初めて開催される国家レベルの賞です。これらは、ベトナムの問題解決に貢献し、ベトナムを工業国にするという使命に貢献するために、デジタル変革と国家デジタル経済発展に貢献する製品です。また、実用的な価値のある優れたデジタルテクノロジー製品を称える場所でもあり、ベトナムのデジタル政府、デジタル経済、デジタル社会、デジタル国家の発展に貢献しています。この賞は、企業がMake inVietnamデジタル製品を多くの人々や企業に宣伝するのにも役立ちます。

8.国民議会の初オンライン会議

第14回国会(2020年5月20日開会)の第9回は、2つのフェーズに分かれ、初オンライン会議を実施しました。具体的には、最初のセッションは、国会議事堂から地方および中央運営都市の国会代表団の63箇所のブリッジポイントへのビデオブリッジを介してオンラインで開催されました。オンラインセッションでは、63箇所の代表団のブリッジポイントにいる代表者が、ホットラインを介して話したり討論したりするために登録しました。投票に関しては、国会議員はiPadにインストールされている特定なソフトウェアを使用して投票します。投票結果はDiênHồngホールの画面に表示されます。これは、過去70年にわたるベトナム国民議会の歴史の中で特別なセッションと見なされています。コロナの流行の影響により、議会の会合活動に関連するものを含め、国内および国際的な生活、社会経済の多くの問題が変化しました。そして当時、世界にはベトナムを含む20以上の議会がオンライン会議を行っていました。

9.APPLEは生産ラインをベトナムに移動

2020年末までに、Apple向け製品の製造を専門とするFoxconnは、Appleの要請により、タブレット(iPad)とラップトップ(MacBook)の生産ラインの一部を中国からベトナムに移動しました。一部のiPad組み立て活動をベトナムに移すFoxconnの能力は、iPadが中国国外で初めて組み立てられたものとしてこれをマークします。 AppleはインドでのiPhoneの生産能力を強化し、AirPodはベトナムにいくつかの組立ラインを追加し、ベトナムに2億7000万ドルの新規投資を行いました。現在、いくつかのAirPod製品はベトナムで生産されています。 2021年には、第3世代のAirPodsがベトナムでも生産される予定です。

10.ベトナムが激安スマートフォンプログラムを提供

2020年、首相は情報通信省に対し、各市民が1世帯あたりのスマホを所有することを、各世帯に高速光ファイバーインターネット回線を目標に、インフラストラクチャー、通信機器の製造を促進するための措置の実施を指示するよう要請した。 Vu Duc Dam副首相はまた、情報通信省に対し、人々がデジタルサービスを利用するための利便性を確保するために、安価なスマートフォンを普及させるための適切なルートを明確に作るよう指示しました。情報通信省は、各市民、各世帯へのスマートフォンとインターネットの普及は、デジタル変革、デジタル経済、電子政府を促進する機会になると述べた。同時に、2Gテクノロジーをすぐに停止して新世代のモバイルブロードバンドテクノロジーを展開することを目標に、2Gから4Gスマートフォンまでの端末の使用を加速します。 ViettelやVingroupのようなベトナムの大企業も、人々に安価なスマートフォンを普及させるプログラムへの参加を発表しました。 Viettelはベトナムのサプライヤーと協力して、1デバイスあたり8,000JPY未満の価格の一連の4Gスマートフォンと、1デバイスあたり約2,000JPYの価格の4Gフィーチャーフォンを提供する予定があるという。

 

出典:

https://viettimes.vn/10-su-kien-cong-nghe-thong-tin-truyen-thong-noi-bat-nhat-nam-2020-post141645.html