人間の仕事が奪われる!AI失業は思った以上早く起こるかもしれない。

人間の仕事が奪われる!AI失業は思った以上早く起こるかもしれない。

多くの一般人はまだAI(人工知能)の侵入をはっきりと感じていませんが、人間だけに見える領域にも人工知能がますます深く埋め込まれています。

 

人々が無意識のうちに毎日使用するAIの最も初期のアプリケーションの1つは、Google翻訳です。現在、Google翻訳には、AIのおかげで、テキストを読んだり、音声を認識し通訳したりする機能ができるようになりました。翻訳された文章がある程度まだ不自然ですが、Googleアシスタントでさえ画像を読んで翻訳することができます。現在では、人々はGoogle翻訳などのアプリを備えたスマートフォンだけでどこに行っても、店の看板やフードメニュー、それに、現地の人との基本的なコミュニケーションなどをとることができます。

他の業界を言うと、スマート農業やハイテク産業での急速なIoT化により、正確な最終結果を得るために、以前はさまざまな段階で実施する人力を多く必要としていた役割をAIは果たしています。それは温室内で育てられ、プログラムされた機械によって自動的に栄養を与えられる菜園です。 AIを利用する産業工場でも同じことが運用されています。

 

そして、人間が気づいていないかもしれない他の業界もAIを静かに適用しています。たとえば、銀行はAIを使用して不正を検出し、マネーロンダリングを防止し、病院はAIを臨床診断に適用し、eコマースフロアにはAIを使用して売却価格を適切に調整します。最近のAIでさえ、タンパク質の折りたたみについて理解するのにも役立ちます。

 

上記述べたAI製品は、一般の人々にとってあまり魅力的なものではないかもしれないですね。写真編集の分野だったら、いいでしょうか。現在、写真に興味が深い人にとって、もっとも使うAI適用 の1つは、プロの写真編集者を必要としない顔写真のレタッチ、顔入れ替えでしょう。特に、最も課題しているディープフェイクは、主にAVや有名なキャラクター、政治家の顔入れ替えに適用されるテクノロジーです…

 

またはつい最近、あるベトナム人のエンジニアがAIが1秒で10曲を書くことができると発表しました。これは、AIのデータを作るための機械学習の長いプロセスの結果でした。 AIはあまり賢くなく、そもそも歌詞の書き方もわかりませんが、AIアプリケーションを使うことで、曲を作る構成を短縮し、音楽理論を理解していない人でも完全な曲を作成できるようにしました。

 

デートにおいても、AIアルゴリズムは、外見、興味、性格、地理的位置、宗教などの共通の特徴を持つ人々の間に絆を築くために重要な役割を果たします… このバーチャル仲人は、スマホから離れない現代の若者にとって、本物の仲人より頼もしいかもしれないですね。

 

多くの人力を必要とするデータ入力業務には、昼夜を問わず細心の注意を払うこの作業が、だんだんAIに置き換えられました。最も明白なアプリケーションは、電子財布、株式、ソーシャルネットワークのシステムでユーザーの身元証明の写真を撮ることです…人間を使用してデータを認証および入力する代わりに、AIは非常に高い精度で何百万ものアカウントで同時に問題なく、画像をスキャンして、情報をとってデータベースにインポートすることができます。これは人力では不可能ですね。

 

 

車両分野では、AIは、交通に安全な自動運転車を作るために進化を続けています。SF映画のように、自動運転車(無人運転)が乗客を運んだり、商品を配達したり、郵便物を配達したりするために道路を駆け抜けるという見通しは、もはや現実にはあまりにも遠いものではありません。完全自律型自動車は2021年にリリースされるそうです。

 

そして最後に、数か月前のThe Guardianの記事ですが、「ロボットがこの記事全体を作成しました。恐れていますか?」という記事にはAIはついに記事を書くことができるようになりました。もちろん人間による編集やトリミングを行う作業が必要ですが、この衝撃的な見出しは、近い将来にAIは人間の仕事を奪う可能性があることを示しました。

 

 

出典:

https://viettimes.vn/ai-co-khien-con-nguoi-mat-viec-nhanh-hon-post142687.html