コロナパンデミックにもかかわらず、ベトナムのEコマースと小売業は成長する

コロナパンデミックにもかかわらず、ベトナムのEコマースと小売業は成長する

電子商取引協会の統計によると、2020年にベトナムのEコマースは132億米ドルの規模で15%の成長率を達成し、2021年には着実に成長する見込みがあるという。

これは、ベトナム電子商取引協会(VECOM)のグエン・タン・フン会長が、3月30日の午後に開催された「小売業のオンラインビジネスの促進」イベントで共有した情報です。

この一連のイベントは、オンラインビジネスを促進するために中小企業および個人自営業をサポートするためのVECOM同協会の活動の1つです。

イベントでの情報、VECOMのグエン・タン・フン会長は次のように述べています。VECOMの統計資料によると、ベトナムのeコマースの成長は15%を超え、年間で132億ドルの規模に達します。 2021年も着実に成長を続ける見込みがあるという。

VECOM協会の会長はまた、コロナパンデミックの影響にもかかわらず、ベトナムでの電子商取引と小売売上高は、2025年まで成長し続けると予測しています。

グエン・タン・フン氏はまた、eコマースの成長の傾向は単なる予測であると述べました。したがって、予測を実現するには、小売業者(従来型とオンライン型を含む)が相互に繋がり、ITとeコマースの利点を促進するためのスキルを向上させるために協力する必要があります。

Googleのベトナム市場を担当するマーケティングディレクターのTamyPhan氏は、デジタルツールがビジネス活動に与える影響について、次のように述べています。デジタル革命は急速に発展しています。デジタルツールは、顧客へのリーチから地理的な距離の短縮やブランドの宣伝まで、成長を促進するための扉を開く鍵です。したがって、Goolgeには、ベトナムでの中小規模のデジタル変換をサポートするための多くのサポートプログラムがあります。

ベトナムで実施されたGoogleのレポートによると、ショッピングセンターや娯楽施設に移動する人の数は19%減少しました(2020年9月現在)。特にコロナが始まった頃の2020年2月から3月にかけて、喫茶店や娯楽施設などに行く人の数は52%減少しました。これは、パンデミックが小売業の業績に重大な影響を及ぼしたことを示しています。したがって、企業が事業を維持するためには、事業形態の転換と多様化が極めて必要です。

VECOMによると、「Retail University 2021」本イベントは、2020年からの継続プログラムであり、多くのパートナーと協力して、小売業に必要なツールを装備するための高度で専門的なトレーニングプログラムを実装しています。Eコーマスはプラットフォームの最適化、デジタル最も効果的な方法で顧客に到達し、市場の変動に対処するためのツールだと思われます。

VECOM会長はまた、次のように述べています。オンラインビジネスは、Webサイトとアプリケーションを作成するだけでなく、多くのものを相互に接続することであり、実行するエコシステムが必要です。 「オンラインでビジネスを行う場合、自分だけでビジネスをうまく行うことはできません。したがって、私たちは企業をサポートするためのエコシステムを構築します」とHung氏は述べています。

 

 

 

出典:

https://vietnamnet.vn/vn/cong-nghe/thuong-mai-dien-tu-va-ban-le-viet-nam-se-tang-truong-bat-chap-dai-dich-723747.html