時代遅れのビッグテックを超える次世代のソーシャルネットワーキングの機会

時代遅れのビッグテックを超える次世代のソーシャルネットワーキングの機会

世界は独占を防ぐため、ハイテクの巨人の影響を制限させようとしています。これは、ベトナムのソーシャルネットワークが独自の方向性を見つけることによって自分の居場所を確立する機会だと思われています。

 

ハイテクの巨人は国家の力を脅かす?

ソーシャルメディアは、現在最も急速に成長しているテクノロジートレンドの1つです。 2020年の終わりまでに、世界には現在約38億人のユーザーがいます。

「ビッグテック」として知られる4つのハイテクの巨人のグループ(GAFAグループ:グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル)では、最大半数がソーシャルネットワーク業界の大物です。

デジタル世界の構築に多大な貢献をしていますが、「ビッグテック」の2つの巨人、グーグルとフェイスブックは最近、ネガティブな問題に関与してしまっています。

一般的な問題の1つは、これら2つのソーシャルネットワークが相互に協力しオンライン広告市場を支配することです。これは広告市場での独占課題を生み出し、ほかの相手との競争を妨げます。

グーグルとフェイスブックは現在、米国のデジタル広告市場の70%を占めています。 eMaketerのレポートによると、これら2つの企業は、ベトナムのすべてのオンライン広告の売上の半分以上を占めています。

Facebook、Googleからの悪影響を最小限に抑えるために、オーストラリアは、この2つの「ビッグテック」にコンテンツの著作権料のお支払いを強制する先駆者になりました。 GoogleとFacebookは、ユーザーがソーシャルネットワークで作られた情報を共有するときに、通信社とコンテンツプロデューサーに著作権料をお支払することになるという。

これに応えて、Facebookはオーストラリアのマスコミのコンテンツをブロックすることで「宣戦布告」しました。 Facebookの行動は、「ビッグテック」の脅威について警鐘を鳴らしています。

ハイテクの巨人が国家権力に異議を唱えたのはこれが初めてではない。ごく最近、主要なソーシャルネットワークが同時に元米国大統領ドナルドトランプのアカウントをブロックしました。これは前大統領との戦争における「ビッグテック」の暗黙の合意かもしれない。

理由が何であれ、テクノロジーの巨人の行動は多くの国の政府に懸念を感じさせています。世界人口の半分以上の総会員数を誇るソーシャルネットワーキングプラットフォームには、多くの国の政治および安全保障の状況に大きな影響を与える可能性のあるツールがあります。

 

ハイテクの巨人との競争におけるベトナムのソーシャルネットワーク

世界中の国々が「ビッグテック」の影響を抑制しようとしているという事実は、ベトナムのソーシャルネットワークを含む小さなプラットフォームの機会と見なされています。

VietNamNetの統計によると、2020年11月の時点で、Zaloは現在ベトナムで最大の国内ソーシャルネットワークであり、約6000万人のユーザーがいます。このプラットフォームの背後には、モカ(1200万人のユーザー)、ガポ(600万人のユーザー)、ロータス(250万人のユーザー)がいます。

 

 

ベトナムのソーシャルネットワークの成長データを見ると、わずか2年間で、Zaloソーシャルネットワークのユーザー数は2,000万人増加し、2018年の1.5倍になりました。

Mochaでは、ユーザー数は必ずしも多くはありませんが、本プラットフォームの規模は2年前に比べて2.67倍になりました。 Gapo、Lotusなどのほかのプラットフォームも、1年強の運用後に多かれ少なかれ自分の位置を主張しています。

さらに、ほかの何百ものフォーラムのアクセス数を見ると、Tinhte(1600万回/月)、Voz(1100万回/月)、Webtretho(700万回/月)、Otofun(200万回/月)など、 ..これらは、従来のソーシャルネットワーキングプラットフォームの持続可能な活力の典型的な代表です。

上記のデータは、この1年で、ベトナムのソーシャルネットワークが量的に増加しただけでなく、質の面でも劇的に変化したことを示しています。これは、ベトナムのデジタル経済をはじめ、国内企業の発展のための重要な前提です。

 

ベトナムのソーシャルネットワークの方向性は?

どんなに強力であっても、テクノロジーのトレンドの変化によって巨人を打ち負かすことができます。これの証拠は、Yahooやノキア携帯電話の黄金時代の終焉です。

将来のソーシャルネットワークの傾向がなんとかわかります。それは、分散型ソーシャルネットワーク(ブロックチェーン)、小規模ソーシャルネットワーク(有料)、オーディオソーシャルネットワーク、ローカルユーザーまたは組織・企業を対象としたソーシャルネットワークなどの出現です。

 

 

一般的に、Facebookを模倣する場合、新しいソーシャルネットワークは成功することが難しいだろう。やるべきなことは、国、年齢、性別、職業に関係なく、基本的な人間のニーズから共通点を見つける必要があります。

新しいソーシャルネットワークでは、ユーザーが独自の「ゲームのルール」を決めるようにする必要もあります。これについては、オープンソースでプラットフォームを作ることが必要だと思われます。

Facebookは比較的グローバル共通のものですが、それと違って、より多くのフィルターを開発する方向も新しいソーシャルネットワークに対する提案の一つです。これらのフィルターは、各国のニーズに合わせて調整します。

一般的な問題を解決するとき、人間はより大きなニーズを生み出し始めます。それらは小グループで、文化的な要件です。その地域で生まれ育った人だけがその地域の文化を理解できるので、これらの特徴を模倣することはできません。これはベトナムのソーシャルネットワークのいい機会でもあります。ZALOも同じ方針で開発されて、数年間で人に知られている名前になりました。このソーシャルネットワークは、モバイルメッセージングアプリから立ち上がることで独自の方法を見つけました。

 

 

Zaloは、すべてのユーザーが高品質の画像ファイルを相互に送信できるようにし、オンラインの公共サービス、質疑応答ポータルも徐々に統合され、ユーザーにとって信頼できる検索ツールになります。これらの機能ができるソーシャルネットワークがあまりないだろう。

ベトナム企業に開発され、ベトナム人が何を望んでいるのかを理解しているため、Zaloのような地元のソーシャルネットワークは自分自身のために確固たる地位を築いています。これは、巨人ゴリアテとの戦いにおける若いダビデの存在の証です。

 

 

出典:

https://premium.vietnamnet.vn/big-tech-loi-thoi-va-co-hoi-cho-mang-xa-hoi-the-he-moi-n-474538.html