世界のストリーミング市場 – 10億人加入者超え

世界のストリーミング市場 – 10億人加入者超え

 

アメリカ映画協会によると、世界のCovid-19封鎖活動は、ストリーミング市場の力強い成長をもたらし、2020年末までに初めて11億人の加入者に到達しました。

アメリカ映画協会は、THEMEの年次レポートを発表しました。THEMEのオンラインビデオサービスは、Netflix、Disney+などのストリーミングサービスが含まれています。 2020年には、世界の新規加入者数は2億3,210万人となり、2019年と比較して26%増加します。一方、ケーブルテレビ加入者は2%減少して5億3,070万人になります。

収益に関しては、有料テレビのサブスクリプション市場(オンラインビデオを除く)は2,331億ドルに達しました。加入者数は減少したものの、ケーブルテレビ市場は依然として最大の増加を記録し、8億7,140万米ドルから1,116億米ドルとなり、引き続き最大の有料ビデオ市場だと思われています。オンラインビデオは34%の増加で3番目であり、2020年の143億ドルに相当します。

米国では、オンラインビデオの加入者は32%増加して3億860万人になりました。有料テレビの加入者も1,210万人増加しました。衛星テレビとケーブルテレビの両方のサブスクリプションが削減されます。ただし、世界市場と同様に、ケーブルテレビは依然として最大の収益をもたらす市場であり、加入者が4%減少したにもかかわらず、508億ドルに達しました。衛星テレビからの収益は減少しましたが、オンラインビデオは35%増加し、2位に近づきました。

アメリカ映画協会によると、2012年以来初めて、アメリカの成人が毎日テレビを見る(ライブまたは視聴する)平均時間が増加し、平均3時間34分になりました。 OTTビデオはさらに高く、34%増の71.8分でした。アメリカの成人の80%近くが、2020年にテレビやオンラインでのテレビ番組や映画を視聴し、史上最高とみなされています。

 

出典:

https://cafebiz.vn/thi-truong-streaming-toan-cau-vuot-moc-1-ty-thue-bao-20210319133923212.chn