6G、2028年から商用化される予測

6G、2028年から商用化される予測

 

 

世界的な技術市場コンサルティング会社ABIResearchによると、6G技術の商用展開は2028年から2029年の間に開始されると予測されています。また、6Gテクノロジー向けの構築標準が2026年までに準備されると予想していると述べました。

ABIResearchのモバイルおよび5Gネットワ​​ークインフラストラクチャのシニアアナリストであるJiancaoHou氏は「XReality(XR)は、拡張現実(AR)と仮想現実(VR)と複合現実(MR)の組み合わせです。これは、6Gテクノロジーがリアルタイムと仮想の混合環境を作るための有望なソリューションです。」と述べています。

本アナリストは、自動運転車、ドローン、およびネットワークをサポートする6Gの自己組織化および自己修復機能も、ネットワークのつながる時間及び  コストを削減し、より広いモバイルカバレッジを提供するために欠かせないものにあります。2030年代には、6Gは、さまざまな通信環境で使用する多種なデバイス/センサーとの接続を実現するための重要な技術になる可能性があります。」と話しています

2018年以来、フィンランドのオウル大学は理論的研究を検証し、モバイル業界で初期の6Gプロトタイプを提供してきました。中国、韓国、欧州連合、米国を含む他の多くの国々も、この新しいテクノロジーの6Gの枠と主要なビジネスフォーカスを形成するためのプロジェクトとプログラムを立ち上げました。

国際電気通信連合(ITU)やアメリカ電気電子技術者協会(IEEE)などの標準化部門や当局も、研究や潜在的な6Gへのサポートに特に関心を示しています。

「インフラストラクチャのハードウェアとデバイスの処理の複雑さと電力消費は、高度な無線技術の進歩を制限する可能性のある重要な要因です。動的なスペクトル共有とコンピューティングリソースの割り当て、および高効率のノイズリダクションのアルゴリズムの設計も、保証されたネットワークサービスとユーザーエクスペリエンスを提供するための鍵です。ビッグデータ、クラウドコンピューティング、人工知能(AI)、機械学習(ML)、オープンソースなどのテクノロジーの誕生により、ユーザーのネットワークセキュリティとプライバシーの問題はますます重要になり、6Gテクノロジーによって適切に対処されるようになります。」とJiancaoHou氏は述べています。

6Gの商業化に関して、中国の通信機器サプライヤーHuaweiの会長であるEric Xu氏は、6G技術が2030年頃に市場に出ると予想されていると述べました。

Eric Xu氏は、Huaweiは現在6Gテクノロジーの主要な仕様を確認するために取り組んでいて、6Gホワイトペーパーをしばらくリリースする可能性があると述べました。

「私たちはモバイル業界の他の企業と協力して、6Gが実際に何であるかを定義しています。近い将来、6Gホワイトペーパーを公開する予定です。6Gがどのようになるかを企業や消費者と話し合いたいと思います。私たちのビジョンと6Gの潜在力に基づいて、私たちは一緒に定義する6Gの実現を目指して、基礎科学と最先端のテクノロジーにも取り組んでいます。」と語りました。

さらに、Xu氏は、6Gテクノロジーの将来の開発は、このテクノロジーのサポートを必要とする潜在的なソリューションに依存するとも述べました。

ドイツ政府は先月、2025年までに6G技術の研究に最大7億ユーロ(8億5200万ドル)の資金を提供する予定であると発表しました。

 

 

出典:

https://vietnamnet.vn/vn/cong-nghe/vien-thong/6g-du-kien-se-duoc-thuong-mai-hoa-tu-nam-2028-734884.html