ギグエコノミー  世界の避けられない傾向

ギグエコノミー  世界の避けられない傾向

Covid-19の大流行によって引き起こされた経済危機は、ベトナムのギグエコノミーの発展を強力に後押ししていると思われています。

ある企業に勤める今の労働者の勤務期間はますます短くなっています

最近の「将来の職場について」という調査によると、若者(Z時代という)の91%が3年未満の仕事にとどまると予想しており、給与水準より、柔軟な労働時間のあるポリシーと便利な場所のほうを高く評価するという。エジソンリサーチ(Edison Research)によると、18~34歳の労働者の53%にとって、ギグエコノミーにおける仕事が主な収入源だと述べています。

企業に勤める期間は、ベイビーブーマー世代(1946-1964間に生まれた人という)の一生勤めから、X世帯(1965-1980間に生まれた人という)の10年勤めに、それから、Y世代(1981-1996間に生まれた人という)の5年勤めに、今はZ世代(1997年から生まれた人という)の3年勤めになり、徐々に短くなっていく状況です。

 

ギグエコノミーとは

ギグエコノミー(Gig Economy)は、インターネットを通じて単発の仕事を受注する働き方のことをいいます。(www.ifinance.ne.jp)

デジタル技術の発展に伴い、フリーランスの労働者がオフィスに来る必要はなくなりました。。フリーランサーたちはは主にネットワークを介して接続されたデジタル手段を使って、会社と通信します。したがって、必要に応じて時間面で柔軟性があり、多くの異なる組織や企業で同時に働き、収入を増やすことができます。

企業の立場では、候補者が他の組織で働いていないという条件に縛られることなく、選ばれる候補者が増えています。また、デジタルテクノロジーは、職場から遠く離れた場所でいつでも働けるような環境を作るのに役立ちます。

この新しい経済モデルの開発につながった重要なポイントの1つは、経済的な理由でした。雇用主は、必要なすべての仕事にフルタイムの従業員を雇う余裕がないため、忙しい時間や特定のプロジェクトのためにパートタイムまたは臨時の従業員を雇うことができるようになります。

労働に関わる心理学の観点から、労働者は職場を変えることもでき、あるいは、キャリアを変えることもできるようになりますので、この経済モデルは従来の経済モデルよりも労働者の需要をよりよく満たすことが明らかです。

実際、特定の組織に所属することなく、独立して働くという方法は長い間存在しており、しばしばフリーランスの仕事と呼ばれています。この定義とは、短期契約に従事する、あるいは、季節的な仕事をする人と言います。しかし、そのような働く人々はわずかな割合を占め、一般経済にほとんど貢献していません。

デジタル技術が発展するにつれて、人々はオフィスに行かなくてもオンラインで作業できるようになります。その結果、ある組織の正社員である必要がなくなり、多くの企業と協力できるようになります。共有経済モデルの開発に伴い、Uber、Grab、Airbnbをはじめ、このモデルを代表する企業は、雇用形態の正社員ではない一連の従業員を引き付けています。 ギグエコノミーに参加する労働力はかつてないほど強くなっています。

 

 

世界のギグエコノミーは発展し、ますます重要な役割を果たしています

将来のキャリアは保証されておらず、自身の将来をコントロールする覚悟できた人にとってはより良い選択肢しかありません。私たちが知っているように、働き方は変化し続けます。新しいワーキングクラスが出現しています。変化が起こっており、急速に加速しています。

ネットワークを介した自由な情報交換は、経済活動の中心になりつつあります。デジタルプラットフォームがグローバルな生産性を高め、世界の仕事を変える可能性は計り知れません。急速に成長している市場により、「オンデマンドワールド」のための「オンデマンドワーク」が生まれました。

毎年何百万人もの人々が、保証された仕事よりも独立したフリーランスの仕事を選んでいます。この現象は、企業と労働者の両方で、ますます一般的になっています。 Uberだけでも、2017年にロンドンには4万人以上のドライバーがいます。マッキンジーによると、ギグエコノミースタイルで働いてる人は500万人がおり、現在英国のフルタイムおよびパートタイムで働いている3200万人の15.6%を占めているという。

キャリアの専門家であるMaciejDuszyński氏は、参考までに米国のギグエコノミーに関する次の統計数字を引用しました。米国では5,730万人のフリーランサーが働いています。 2027年までに8,650万人のフリーランサーがいると推定されています。アメリカ人労働者の36%がギグエコノミーに参加しているか(Gallupによる)、または労働者の44%にとって、ギグエコノミーでの仕事が主な収入源だと思われています(Edison Researchによる)。

ギグエコノミーに参加しているの労働者は、2018年に米国のGDPに1.4兆ドルも貢献したと考えられています(PYMNTSによる)。 その中に占める最大の割合は、芸術、デザイン、エンターテインメント、スポーツ、メディア業界は14%を占めており、次は営業職は、10%を占めています(PYMNTSによる)。

 

ギグエコノミーのデメリット

短期契約の柔軟性は、生活のバランス、睡眠時間、および日常の活動を混乱させる可能性があります。 一時的な契約ができた時でも、労働者は常に次の契約を探す覚悟も必要です。

ギグエコノミーは、安定した見返りのある仕事と、仕事固有の日常業務が排除されます。労働者は、経済の景気の変化や市場の好みに従い、色々なリスクを負っています。

経済取引と関係の緩い性質のために、労働者、雇用者、顧客および供給者の間の関係は長く続かなくてもいいと思われ、 Investopediaによると、これにより、顧客や雇用主に対する長期的な信頼、慣行、親しみやすさを構築するメリットが失われます。

 

ギグエコノミーの下での仕事を成功させる方法は?

ギグエコノミーでは、グローバル化された貿易と自動化の文脈において、職場で外国語を流暢に使用する能力が必須になります。さらに、AIテクノロジー、コンピューター、ロボティクスに負けるリスクを回避するために、労働者は、創造的なスキル、批判的思考、協力、コミュニケーション,

自己改善と技術的知識など、21世紀の6つのスキルを身に付ける必要があります。これは将来の重要な研修方針と見なされ、従業員が自信を持ってあらゆる困難や課題に対応できるようになります。

 

ベトナム国家の支持政策

ベトナムでは、現在、ギグエコノミーに関する具体的な調査データはありません。しかし、ギグエコノミーに参加する労働力が増加していることは明らかです。 Covid-19の大流行によって引き起こされた経済危機は、ベトナムのギグエコノミーの発展を強力に後押ししています。

社会隔離課題と製造企業の困難により、Grab、Gojek、Lalamove、Ahamove、Beeなど輸送サービス供給システム(タクシー、バイクタクシー、輸送、食品配達)に参加するフリーランス労働者の数が大幅に増加しています。

デジタル技術の発展に伴い、オンラインでの作業がますます便利になることで、より多くの人々がこのエコノミースタイルでの作業に参加するようになります。したがって、ギグエコノミーは一般経済に大きく貢献するようになります。

ただし、ギグエコノミーにはマイナス面とリスク面があります。 ギグエコノミーに参加する労働者は、開放性の競争上のニーズと基本的な安全上の懸念とのバランスを取る必要もあります。それらは、物理的リスク、法的リスク、およびプラットフォームリスクの少なくとも3つの側面で気をつけるべきだと思われます。 ギグエコノミーの労働者は、保護なしに攻撃されたり、性的嫌がらせを受けたりする危険にさらされている可能性があります。

したがって、ギグ労働者の権利をより適切に管理および保護するためのポリシーを考案するのが政府にとって、不可欠なことだと思われています。

 

 

出典:

https://viettimes.vn/kinh-te-gig-la-xu-huong-tat-yeu-post140903.html