ベトナムは東南アジアのeコマースサイト人気のトップ10

ベトナムは東南アジアのeコマースサイト人気のトップ10

東南アジアで2020年に平均訪問者数が最も高い10のeコマースプラットフォームのうち5つは、ベトナムの企業が運営するサイトです。

EコマースポータルiPriceはSimilarWebと共同で、AppsFlyerは、2020年にベトナムのeコマース業界にコロナパンデミックが及ぼす影響に関するレポートを公開しました。東南アジアでの最も訪問者数が多いTOP10サイトの中には、TheGioiDiDong、Tiki、Sendo、BachHoaXanh、FPTShopを含むベトナムの5つの国内企業を記録しました。

ランキングの残りの5つの代表企業には、大手企業のShopee、Lazadaと3つのインドネシアスタートアップ、Tokopedia、Bukalapak、Blibliが含まれます。ただし、上位3社(ベトナム企業5社を含む)との訪問者数の差は依然としてかなり大きい。

Thegioididongは、東南アジアのeコマースWebサイトで5番目の位置を占めており、年間平均訪問数は2,860万人で、Bukalapakからわずか700万人です。国内市場だけをみると、Thegioididongは2020年を通して2番目に占めています。

6位に位置するTikiは、Blibliを上回り、ベトナム企業の輝かしいスポットとなり、地域の平均訪問者ランキングで2250万回の訪問を記録しました。続いてSendoが1430万回訪問し、8位にランクインしました。2019年第2四半期のレポートでは、すべてのベトナム企業がランキングの一番下にあります。このように、2020年にはベトナムの成長が著しく改善されました。

同時に、「東南アジアの電子商取引マップ」は、ベトナムがインドネシアに次ぐ訪問者数の面でこの地域で2番目に大きい市場であることも指摘しました。したがって、ベトナムの2020年の平均総ウェブサイト訪問数はマレーシアの4倍、フィリピンの3倍、タイの2倍である。

「これは、この地域の地元企業の潜在力とベトナムの電子商取引市場の規模を強く裏付けています」とiPriceの分析チームは評価しました。

以前、Google、Temasek、Bain&Companyのレポートによると、ベトナムのeコマース市場は規模からみると、東南アジアで3番目にランクされ、インドネシア(320億米ドル)とタイ(90億米ドル)に続いて2020年には70億米ドルに達しました。 ただし、Googleは、2025年までにベトナムのeコマースがこの地域で最高の成長率34%を達成できると予測しています。

コロナの影響下で、ベトナムのeコマース企業がトレンドに追いつくために急速に革新したと同レポートに書いてあります。 Shopee、Lazada、Tiki、Sendoなどのほとんどの取引所は、プラットフォームやアプリケーションでそれらを引き付けて保持するために、顧客志向の価値を生み出すことに焦点を当てています。

さらに、Google、Temasek、Bain&Companyからのレポートでは、人材力は企業が成長の勢いを確保するために改善に努める必要がある要因であると評価しています。ベトナムのeコマースが力強い成長を遂げ、2025年までに290億米ドルの市場規模に達するという予測に徐々に移行している場合、これは完全に合理的です。また、これは新しい分野であり、専門的で専門的なトレーニングスクールは多くありません。

したがって、人材に焦点を当て、才能を見つけて採用することは、今後の電子商取引ビジネスに「力」を生み出す要因の1つになります。 「早期に準備し、市場に先んじて戦略を迅速に実行する企業は、パイのより大きなシェアを獲得します。しかし、eコマース市場のシェアを再描画することは一夜にしてできることではありません。」と iPriceは忠告しました。

 

出典:

https://vnexpress.net/viet-nam-ap-dao-top-10-san-thuong-mai-dien-tu-dong-nam-a-4249498.html