ベトナム人各国民は2025年までに自分のQRコード取得

ベトナム人各国民は2025年までに自分のQRコード取得

ベトナム政府は、すべての市民全員にQRコード用のデジタルIDを提供し、最終的には2025年までに全員スマホ持つようにすることを目指しています。

電子政府開発戦略によると、承認された2030年ビジョンを持つ2021-2025年のデジタル政府に向けて、ベトナムは国のランキングを突破に改善し、全体的な指標、電子行政参加指標、オープンデータの指標などの上位50か国に入るように努力をしています。

特に、市民や企業は、パーソナライズのニーズに応じて、生涯を通じて、簡単で迅速に、書類なしでデジタルサービスを使用できます。各世帯には、ブロードバンド光ファイバーインターネットにアクセスできるデジタルアドレスがあります。

国民は自分の健康状態のデジタル記録を持つようになります。コミューンヘルスステーションはデジタル環境で営業します。病院は遠隔から健康診断と治療を行います。公立病院は、電子医療記録、入院費の非現金支払い、および電子処方箋を展開します。薬、医療機器、健康診断、治療の価格は公表されています。

学生は個人学習に関するデジタル記録を持っています。教育機関はデジタル環境での教育及び学習を管理します。キャッシュレスで授業料を支払い、デジタル学習を使用します。

農家は、デジタル農業データプラットフォームに効果的にアクセスして活用できます。生産地検索;流通、消費までの中間段階への依存を減らすことができます。

労働者には、オンラインで仕事やスキルアップのコースにアクセスする機会を提供します。交通道路ルートには、スマートな管理システムで運営されて、停止することなく電子料金徴収を全国的に展開し、現金通行料レーンが排除されます。ベトナムは、東南アジアで最も簡単で最速の輸入輸出を持つ3か国のグループになるよう努めています。さらに、遺産などもデジタル化されています。

上記の目的を達成するために、戦略は次の5つの主要なタスクを完了させることが国のチャレンジです。それはデジタルインフラの開発、デジタルプラットフォームと全国規模のシステムの開発、国のデジタルデータの開発する、国のアプリとサービスの開発、国内ネットワークの安全とセキュリティなどを確保することです。

国民、企業、管轄期間への基本的かつ不可欠なサービスに関連する全国データベースの開発が優先されます。人口、土地、およびビジネスに関するデータは、完成させてすぐに運用を開始する必要があると思われています。

データを構築するために優先される重要な領域は次のとおりです。地理空間インフラ、保険、医療、社会保障;ファイナンス;身分証明書;教育;役人および公務員管理;農業;労働と雇用;交通手段、建設、輸入輸出などとなるそうです。

ベトナムは2030年までに、国連のランキングのデジタル政府の30主要国のグループに入るよう努めています。

 

 

出典:

https://vnexpress.net/moi-nguoi-dan-se-co-ma-qr-vao-nam-2025-4295323.html