世界経済を再形成するテクノロジー

世界経済を再形成するテクノロジー

テクノロジー企業は、コロナパンデミックにおいて人の生活のニーズを確保し、感染のリスクを制限するために、配達アプリケーションや電子商取引などの発明で明確な役割を果たしています。

オンライン会議および作業調整アプリはリモート作業および学習を可能にし、ストリーミングおよびゲームサービスはホームエンターテインメントソリューションを提供します。

これはまた、さらなる進歩の基礎を築きます。テクノロジー企業は、コロナ事態に対処するために幅広いデジタルサービスの構築に努めており、クラウドコンピューティング、AI、半導体などの主要テクノロジーを大幅に進歩させています。オープンソースソフトウェアツールの発明は、製品を迅速かつ低コストで開発したがるスタートアップを刺激します。

この業界における投資家もますます増えてきます。 Crunchbaseのデータによると、2021年の第1四半期に約730億ドルが北米の新興企業に投資され、昨年の2倍になりました。ハイテク企業にとってこれほど繁盛する時期はありませんでした。

テクノロジー業界も難問を解決しています。マイクロソフトは4月初旬にニュアンスコミュニケーションズを買収し、作業環境を大幅に改善するAIの潜在力に200億ドルを賭けました。同社は、医師をサポートするAIでのニュアンスコミュニケーションズの成功を他の業界に適用することを目指しています。

Epic Gamesはまた、空想科学から開発されたプロジェクトのために10億ドルの投資を集めました。同社は、プレイヤーが実生活で相互作用できる仮想世界であるメタバースを開発するために資金を使用すると述べた。 Appleは今週初めに、今後5年間で半導体製造機能と5G技術を開発するために数百億ドルを費やす計画も発表しました。

一方、もちろんテクノロジーにも課題があります。顔認識ソフトウェアの使用や、ソーシャルメディア上のコンテンツを極性化するような悪影響を与えることについては、多くの倫理的な疑問があります。

「それでも、社会への利益が害を上回ると楽観視しています。私たちは技術開発の黄金時代にいるかもしれない。未来にはある優れたアイデアが生まれたら、イーロン・マスクの最も明るい夢よりもはるかに明るい成功につながるでしょう。」とブルームバーグのテ・キム作家は言いました。

イーロン・マスクは昨年、「あまりにも多くの善良な人々が金融と法律に参入している」と不満を述べた。一般的な考え方では、これらは経済の良い所得部門であるというものですが、テクノロジーが経済自体を再形成し始めるにつれて、これはゆっくりと変化していくと思われています。

現在の期間は最良と見なされており、従来の進歩の道ではなく、テクノロジーのキャリアを追求したい卒業生に最も経済的なオプションを提供します。

若いスタートアップに加わることは、将来、Snowflake、Roblox、Airbnbのような数百億ドルの価値がある巨大な位置へのチケットになる可能性があります。過去数か月にわたるテクノロジーの大幅な進歩は、世界を改善するという業界で最も永続的な目標の1つを実現するための扉も開きます。

出典:

https://vnexpress.net/cong-nghe-se-dinh-hinh-lai-nen-kinh-te-the-gioi-4270924.html