ベトナムの現時代のテクノロジー スクラップ買取のアプリ

ベトナムの現時代のテクノロジー スクラップ買取のアプリ

携帯電話自動販売機や古いスマホ買取ATMやスクラップ買取アプリなどは、現在のデジタル化のトレンド及びグリーンライフに適したソリューションだと思われています。

貧しい田舎で生まれ育ったガンさんは、ホーチミン市に出てスクラップ集めの仕事を生計にしています。ガンさんは他の地元の3人と一緒に、一部屋をシェアし、スクラップ買取の仕事を地域担当で分担しています。遠い場所まで行く人もいるが、収入はそれほど良くはありませんでした。

ガンさんよると、雨や風が強い日にも、みんなは自転車に乗っていて、声がかすれるほど誘っても何も買取できません。 「知ってるけど、行かないと子供の世話はできないのよ」と、かわいそうな女性の声はどんどん遅くなりますが、細い頬の涙はどんどん速くなっていきます。

ガンさんの状況はスクラップ買取家のほぼ一般的な状況です、生計はすべて運に依存します。子供の負担が楽になるように、今日はいっぱい買取できるよう毎日祈っているそうです。

スクラップの買取家の収入が増える様に支援したいという願望から、ベトナム人若者の2人DoTrangさんとBuiBaoさんが1年間で準備し、スクラップの買取マッチングのVECAアプリケーションを作り上げました。

 

韓国の24時間年中無休の自動販売機からのアイデアから

Covid-19の流行の影響により、韓国の携帯電話ショップの数は劇的に減少しました。これは、経済の大部分を占めるスマホメーカーの存続リスクに直接的な影響を及ぼします。

この困難を克服する方法の1つは、従来の店舗が24時間年中無休の人工知能店舗でATM自動販売システムに統合されていることです。ソウルで新たに発売されたモバイル自動販売機で、購入者は自分でモデルをチェックし、色、容量、分割払い回数、月額パッケージを選択することができます。

選んだオプションは、自動販売機のインターフェースに表示されます。購入者は、カード決済した後、ボタンを押すと新品の携帯をゲットできます。このプロセス全体は数分しかかかりません。人工知能店のシステムに24時間年中無休で販売するだけでなく、多くのスマホ自動販売機は路上にも配備される予定であり、パンデミック流行に直接接触することが嫌がる人々の買い物ニーズを解決するのに役立ちます。

韓国の携帯電話店の数は、2014年の全盛期の2万店以上から約1万2千店に減少し、従業員数は半分以上になりました。実店舗の減少を逆転させるために、韓国の3つの主要な通信事業者はこれらの24時間毎日のスマートストアの展開の最前線に立ってきました。

もちろん、商品や製品の販売はメーカーやトレーダーの目的です。しかし、韓国の開発者が提供するソリューションは、自動販売機に限定されていません。以前、KumkangSystemsがSKNetworksと協力して開発したMintitATMSと呼ばれる古いスマホ購入機は、韓国ですぐに人気になりました。

 

中古スマホを買い取りするATM

MintitはICT機器をリサイクルするブランドで、AI技術を活用して古い携帯電話を改善し優秀な機能を持つ機械の開発に成功する企業として好評を得ている企業です。昨年8月にATMSがスーパーに導入して以来、平均毎月1万台以上の中古スマートフォンが買取されます。

買い取りのプロセスは3分未満かかります。顧客は、古い携帯をATMに入れて、システムが外部ケースやその他の本体機能を自動的にチェックします。その後、ATMマシンは、全体的な評価と推奨購入価格を提供します。価格に同意した場合、顧客はすぐにお金を受け取るか、もしくは寄付金額として子供の救援組織に送金するかを選択できます。

使った携帯電話は、KumKangSystemsが運営する専用のリサイクルセンターによってデータが完全に消去されます。 KumkangSystemsによると、寄付金額はテクノロジーへの接触する機会があまりない子供向けの教育や製品の購入に使用されます。古い携帯を買い取りする価格はホームページで公開されており、寄付証明書もここに透過的に表示されます。

MintitATMを使ったことのある2,000人を対象にした調査では、78.1%のユーザーが「これまで中古の携帯電話を買取したことがない」ことがわかりました。ユーザーが機種変更する時、古い携帯を捨てる習慣のある韓国では、83.5%の満足度はかなり高いです。

韓国のインフォストックによると、公表から7か月以内にこれらのATMから187,000台以上の中古電話が収集されました。 400万円ぐらいまでの金額も児童救援団体に送金されたという。政府は、新たな方向性を開くだけでなく、寄付機能を通じて社会的価値を創造することを高く評価しています。

 

ベトナムの困っている人を解決するためのアプリケーション

真夏の中にも「スクラップを売ろう」、「破損した、壊れたアルミニウム、壊れたプラスチックサンダルなど買取しています」などベトナム人の記憶にほとんど聞いたことがあるでしょう。労働者をもうちょっと楽に働ける様にVECAアプリが誕生しました。

買い取りに行く代わりに、スクラップバイヤーはスマホで売ってくれる人を見つけられます。 VECAには、バイヤー用とセラー用の2つのバージョンがあります。バイヤーアプリを使用すると、エリア内のセラーを特定し、便利な情報を取得し、買い取りの作業がうまくできます。

スクラップの価格は公開されており、セラーはアプリ内操作を設定したり、バイヤーと特定の約束をしたりすることで、必要が生じたときに時間の面でも自由になります。 VECAは約10日間稼働したばかりですが、約6,000回のインストールがあり、急速に増加し続けています。

現在、このアプリケーションはホーチミン市のフーニャン地区でテストされており、近い将来に広がる予定です。このアプリケーションの創設者は、テクノロジープラットフォームを介してスクラップの購入者をつなぐだけでなく、VECAをリサイクルエコシステムに組み込み、それによって当事者に利益をもたらすと同時に、ベトナムのゴミ分類の問題の解決に貢献することを期待しています。

現在、ベトナムの廃棄物量は約5万トン/日であり、そのうち都市部では約35,000トン/日であります。ハノイとホーチミン市では、毎日約7,000~8,000トンの廃棄物があり、80%以上が主に埋め立て技術によって処理されています。ゴミ分別は、迅速に対処する必要がある課題の1つです。

実際のニーズに由来するテクノロジーソリューションの1つとして、古い携帯またはスクラップ買取アプリケーションは、国民の前向きな習慣を変える上で重要な役割を果たします。同時に、社会生活におけるデジタルトランスフォーメーションの重要な役割もあり、文明的で環境に優しいライフスタイルの創造に貢献し、テクノロジー時代の人々の生活の質を向上させる機会をもたらします。

 

 

出典:

https://premium.vietnamnet.vn/atm-thu-mua-long-ngan-long-vit-dep-hong-n-474531.html