ベトナム – コロナ自宅隔離されている人への監視テクノロジ

ベトナム – コロナ自宅隔離されている人への監視テクノロジ

7月17日以来、ホーチミン市は自宅でF1症例の隔離を正式に試験的に実施しています。しかし、保健当局がテクノロジーを使用して自宅で隔離された人々をどのようにチェックおよび監視するかを誰もが理解しているわけではありません。

 

顔認識で隔離された人を監視

自宅でのF1症例の隔離することは、医療申告アプリ(VHD)を使用してホーチミン市によって試験的に実施されました。これは、入国者に対してのコロナの流行を防止および制御するために、医療観察を試験的に実施するために保健省が選択したソリューションでもあります。

アプリ開発側であるデジタルヘルスソリューションセンター(Viettel Solutions)の副所長であるLuu The Anh氏は、自宅で隔離している人はスマホを使用するように求められていると話しました。このように、決められた時間帯になると、医療申告を行うために顔認識チェックインを実行する必要があるという。

医療スタッフが人々の家の隔離を管理および監視するための監視スケジュールがあります。世界では、シンガポールが同様のソリューションを実施しています。

現在、開発側はホーチミン市の保健省と協力して、本ソリューションを現地に実施する予定です。その後、保健省がF1またはF0が自宅で自己隔離できることを公式に認めたときに、このソリューションは全国的に展開されれという。

Luu The Anh氏によると、家の隔離監視ソリューションには、展開する必要のある2つの条件があります。まずは、スマホ所得が必要です。 2つ目は医療チェックインのために顔認識ができるスマホが必要です。

具体的に言うと、スマホにVHDアプリをインストールするだけで使用できます。各市民には、自分の携帯番号に基づいてアカウントが与えられます。

自宅で医療申告をするためにチェックインすると、本アプリは、隔離必要な人が申告したかどうかについて管理管轄に警告します。申告の時間は、医療施設によって決められ、さまざまな時間枠があります。

自宅で隔離されているがスマホ所得していない人に対しては、電話番号を申告する必要があります。毎日、医療スタッフが家に訪問し、隔離された人が家にいるかどうかを確認します。なお、自分の健康状態を常に医療スタッフに報告することが必要です。

 

隔離された人が居住地を離れた場合に対しての処理

VHDアプリ開発側の代表は、この問題について述べました。隔離された人が宣言しない場合、隔離エリアの外にいるという警告メッセージが観察担当者に送信されるという。

隔離者が居住地を離れる際に、まず地元保健局と地元警察が家に立ち寄り、状況を監視・確認します。その後、隔離された人が居住地を離れた場合に備えて、さらなる措置を講じます。

アプリ開発側は、コロナ予防及び制御のための国家運営委員会に独自のサービスを提供します。隔離された人々の医療申告データは、保健省とコロナ予防および管理のための全国運営委員会によって管理されます。

感染対象者の場所を取得し、それらが移動した場所を追跡します。この領域は、コロナ予防および制御のための運営委員会の要求があった場合にのみ実行されます。その時、保健セクター、通信キャリアー、そして警察さえも全面協力することになります。

Luu The Anh氏によると、実施される各プロセスは保健省によって慎重に検討されています。現在、現地または特定の場所で顔認識を使用した自宅隔離ソリューションの試験的に実施しています。次は、改善すべきなところをまとめてから全国展開の経験を進めます。一般に、開発側は、このソリューションの実施が一箇所以上でも同様の機能することを保証するという。

現在、保健省には、自宅で隔離する人に対して、2つの観察ソリューションがあります。 1つ目は監視用ブレスレットで、隔離された人には監視用のブレスレット型端末が渡されます。 2つ目は、ソフトウェア系のアプリを使用することです。

VHDアプリケーション開発側の希望は、隔離監視デバイスを医療申告管理ソフトウェアに統合して、感染対象者を管理することです。同時に、対象者が隔離エリアから離れると、警告メッセージが直ちに保健機関に送信されます。これは、在宅医療観察に最適なソリューションになるでしょう。

 

 

出典:

https://vietnamnet.vn/vn/cong-nghe/ung-dung/nguoi-cach-ly-covid-19-tai-nha-duoc-giam-sat-bang-cong-nghe-nao-757053.html