ベトナムのハノイとホーチミン市 – アプリで買い物代行依頼

ベトナムのハノイとホーチミン市  – アプリで買い物代行依頼

Zaloアプリのいくつかの簡単な手順で、隔離中の問題を抱えている人々は、他の人に食べ物や医療機器などを購入するように頼むことができます。

Zalo Connectは、コロナ予防および制御のための国立技術センターによって管理されている多くの感染防止技術プラットフォームの1つです。

この感染対策プラットフォームは、Zaloアプリケーションの機能として統合されました。ユーザーは、Zaloログページの上部でこの機能にアクセスできます。ニーズに応じて、「助けて欲しい」または「助けたい」のいずれかを選択できます。

Zalo Connectの主な機能は、人々が食料、薬、必需品についてコミュニティから緊急援助を求めるのを支援したり、遠くからの医療アドバイスのために医師や医療専門家と迅速に連絡したりすることです。

最近、Zalo Connectは、ポスの登録と、他の人に買い物代行を依頼するという2つの新機能も運用しました。これらは、既存の困っている人のお手伝いに加えて、2つの追加機能です。

 

 

具体的には、重要な品物のポスとお買い物代行のボランティアはZaloConnectに登録します。そうすると、助けが必要な人は本プラットフォームで見つけることができます。また、移動が困難な場合でも、Zaloアプリにアクセスして、お買い物の代行をを探すことができます。

本プラットフォームには、食品、医薬品などの必要な品物用の事前に作成されたフォームの項目を作ってあります。お買い物代行のボランティアは、代行できる項目と連絡先を登録するだけで、依頼者はボランティアに自分でメッセージを送ってリクエストを送信します。

 

 

Zalo Connectの救援接続プラットフォームは、現在、全国の21都市に導入されています。これらの地域には、ハノイ、ダナン、ホーチミン市、ロンアン、ドンナイ、ビンズオン、および南部地域の指令16に従って社会的隔離を実施している多くの都市が含まれます。

8月22日の時点で、Zalo Connectで、30,565人のボランティアが参加し、約60,982回の支援を実施しています。プラットフォームが稼働して以来、この数は急速に増加しています。

プラットフォーム開発企業の統計によると、食糧の要求の数が大部分を占め、助けの要求の約94%を占めています。さらに、35%の人が必需品の助けを求め、3%が医療のアドバイスを求め、14%が医薬品や医薬品の助けを求めています。

食料、必需品、医薬品の購入は、人々の非常に正当なニーズです。この需要は、指令16に従って社会的隔離を実施している地域で特に大きくなります。したがって、Zalo Connectプラットフォームで食料品などお買い物代行を依頼する機能のおかげで、助けが必要な人々のお手伝いツールの一つになるでしょう。

 

出典:

https://vietnamnet.vn/vn/cong-nghe/ung-dung/nguoi-dan-ha-noi-tp-hcm-da-co-the-nho-di-cho-ho-qua-app-770268.html