Mor Blog >

ロシア・ウクライナ危機、テクノロジー業界に影を落とす

ロシア・ウクライナ危機、テクノロジー業界に影を落とす

#テクノロジー

0|

733VP|

2022.03.03

ロシアとウクライナはサプライチェーンで重要な役割を果たしていますが、テクノロジーに対する米国の制裁措置が導入された場合も、業界全体に混乱を引き起こすと思われています。

Gizchinaによれば、ロシアとウクライナはテクノロジ開発をリードする国ではありませんが、供給において大きな役割を果たしているという。その中で、ウクライナは半導体製造用のネオンガス、ロシアは電気自動車用バッテリーの生産の主要な原料であるニッケル鉱を世界に提供しています。

ウクライナは、チップ製造に使用されるレーザーの主要成分である半導体ネオンガスの90%以上を米国に供給しています。市場調査会社Techcetによると、ネオンガスもロシアの鉄鋼業の副産物であり、ウクライナで精製されています。現在、米国のパラジウムの35%はロシア産で、主にセンサーとメモリの製造に使用されています。ロシアはまた、世界のパラジウム供給の45%を占めています。

市場調査会社TrendForceのシニアアナリストであるJoanneChiao氏は、ロシアは現在、半導体ファウンドリ業界の主要市場の1つではないですが、ロシアとウクライナの紛争により、原材料の価格が上昇し、製品の価格が上昇するのにつながると述べました。 2021年12月にロシアとウクライナの紛争が激化して以来、パラジウムの価格は52%上昇しました。過去には、2014年のロシアによるクリミアの併合後、ネオンライトの製造コストは一晩で600%増加しました。

テクノロジ業界は、半導体の課題に加えて、大量のニッケル採掘を行っているロシアからの様子を観察しています。ロシアからの供給が途絶えたり価格が上昇したりすると、EVバッテリーが不足するか価格が上昇し、過去最高の122%の成長率を2021年に記録した世界の電気自動車市場に直接影響を及ぼすと予測されています。

一方、フォーチュンによれば、アメリカは、米国の技術で製造された半導体へのロシアのアクセスを制限することにより、一連の制裁措置に取り組んでいる可能性があります。自動車、スマートフォン、ロケットなどの最新のデバイスは、供給を半導体に依存しているため、これはロシアの技術産業に打撃を与える可能性があります。

しかし、米国のIT業界リーダーは、制裁措置に関しては依然として慎重であり、この処置を導入すると、業界全体が不安定な状態に置かれると述べています。ホワイトハウスが今年1月に米国のチップ供給を武器にする可能性を最初に提起したとき、米国半導体工業会は声明の中で、「我々はまだ世界のサプライチェーンへの影響を観察している段階です」と述べました。

専門家は、短期的には、米国の制裁処置が適用された場合、ロシアが対抗策を出すことにつながると述べています。長期的には、ロシアが中国とより深く協力すれば、この動きは裏目に出て、米国のチップ産業における優位性を完全に弱める可能性があります。フォーチュン氏によると、米国は、ロシアのすべての企業、または国が重要と見なしている軍隊や産業に関連する少数の企業への半導体供給を削減する対策を検討しているという。

 

出典:https://vnexpress.net/khung-hoang-nga-ukraine-phu-bong-len-nganh-cong-nghe-4432068.html

人気記事

気になる記事には [良いね・シェア]しよう!