Mor Blog >

ロシア-ウクライナの紛争:第3次戦争革命が起こるのか?

ロシア-ウクライナの紛争:第3次戦争革命が起こるのか?

#テクノロジー

0|

899VP|

2022.03.22

人間の戦争の歴史は2つの重要な転換点を目撃しました。1つは火薬の発明であり、2つ目は核兵器です。東欧で起こっていることで、これから新しい歴史が開かれようとしている可能性があります。これは、人工知能(A.I)が主導する戦争革命です。

 

理想的な技術試験場

ロシアとウクライナの間で軍事紛争が発生するとすぐに、AI顔認識開発の新興企業であるClearviewは、法執行機関をはじめ、アメリカ市場で商業化している技術をウクライナに無料でサポートすることを同政府に提案する手紙を送ったそうです。

同様に、テスラとSpaceXのCEOであるElon Musk氏も、ウクライナのウォロディミルゼレンスキー大統領の政府が紛争エリアにもインターネット接続できるように、世界中をカバーする野心的な衛星インターネットプロジェクトであるStarlinkシステム端末を送りました。

Clearviewのテクノロジーが、米国で多くの批判や訴訟に直面していることは注目されています。同社はインターネット上の人の数百億の画像をシステムデータベースとして使用するようなユーザーのプライバシー損害の問題だけでなく、製品の組み込みAIの精度と有効性が人命に重大な問題を引き起こす可能性があると思われています

一方、紛争地域は、軍事技術に直面した衛星システムの安定性のための理想的な「テスト」場所でもあります。AIが主導する最も先進的な場所です。

大国は長年にわたって軍事AI技術競争に投資してきました。 AI機能は、ロジスティクス、監視とコマンド、インテリジェンスの収集と分析、情報戦から自走式兵器への統合まで、ほぼすべての軍事システムまたは作戦に登場します。

ウクライナは、人工知能が使用される最初の戦場ではありません。以前は、このテクノロジーはリビア、シリア、アフガニスタンなどの他の紛争で登場しました。しかし、ヨーロッパで進行中の戦争の規模と性質は、研究するのに十分なサンプルだと思われています。

ここで、世界は、兵站、監視と指揮、情報収集、分析、情報戦、自走式兵器に至るまで、すべての軍事作戦におけるAIの大胆な役割を目の当たりにしてきました。

火薬、核兵器に続いて、AIは第3次戦争革命になるのでしょうか?

AI自体は半導体や核兵器のような概念ではありません。人工知能は多くの技術と技術を網羅しており、特にコンピューティング能力とメタデータの開発により、軍事分野での幅広い用途と潜在的なアプリケーションを示しています。

2017年、ロシアのウラジーミルプチン大統領は、AI技術をリードする国はどれでも「世界を支配する」と主張しました。ロシアのAI戦略は、国防省が2030年までに軍事ロボットシステムを使用するという概念を開始した2014年にさかのぼり、軍事作戦の30%を部分的または完全にロボット化することを目標としています。

一方、米軍はまた、人工知能の適用を中心に軍事の近代化を推進しています。米国国防総省は、マイクロソフトやアマゾンなどの大手テクノロジー企業とAIサービスを使用する契約に署名し、人工知能をトレーニングプログラムに取り入れ、将来のテクノロジー研究の手がかりを開発しています。

「私たちは情報化時代の産業時代の軍隊になることはできません。米軍は、産業時代のすべてのプロセスを変革して、より効率的に運用し、リソースをより適切に保護し、より適切な意思決定を行う必要があります。今日、私たちは未来の軍隊でなければなりません。」と米陸軍司令官ジェイムス・マコンビル氏は語りました。

情報化時代では、軍事におけるコンピューティングパワーとAIを組み合わせて、空軍、海軍、陸軍、サイバー軍と協力するというアイデアがますます一般的になり、統一された戦闘ブロックを形成しています。

2021年11月、米国はアリゾナで、人工知能と深く統合されたJADC2(全ドメインコマンドアンドコントロール)のアイデアに基づく共同コマンドシステムを使用して軍事演習を行いました。あるプロセスがかかる時間は、以前のように数時間または数日かかるのではなく、リアルタイムで実行されるようになりました。

したがって、JADC2には、すべての軍事情報、監視、偵察情報をクラウドに集約し、AIとアルゴリズムを使用して、敵に対する最適な攻撃計画を決定する役割があります。

中国は世界のAIチェス盤でも大きなプレーヤーです。 2020年のブルッキングス研究所の調査によると、この国は「ロボット工学、その他の人工知能や機械学習アプリケーションに多額の投資を行っています」という。

Paxのデータによると、2005年から2015年の間に、米国は軍事AIに関連する特許の26%を占め、中国は25%でした。そしてそれ以来、北京はますます強くなっているようです。軍用グレードの顔認識技術で大きな進歩を遂げたと言われており、人間の確認を必要とせずに、何マイルも離れた場所からターゲットを特定することができます。

火薬と核爆弾の発明で以前と同じように人工知能が先頭し、戦争の進め方が再び変わる可能性はあるでしょうか。

 

 

出典:

https://premium.vietnamnet.vn/cuoc-chien-nga-ukraine-va-co-hoi-cho-tien-ky-thuat-so-n-476398.html

 

人気記事

気になる記事には [良いね・シェア]しよう!