Mor Blog >

【ベトナムテト】旧 正月の過ごし方を紹介

【ベトナムテト】旧 正月の過ごし方を紹介

#モアについて

0|

5606VP|

2023.03.13

「テト」とはベトナムの旧暦のお正月のことです。同じく旧暦のお正月を迎える中国では「立春」、韓国では「ソルラル」として世界に知られています。日本は明治時代から新暦の正月に変わったと言われています。

テトはベトナム人にとって一年で一番大事なイベントです。実はベトナムは日本に比べて祝日が3分の1ほどしかありません。

テト期間中ベトナム人は仕事を休みますが、逆に日本の新暦の正月期間には、基本的に1月1日だけが祝日で、他は平日なら普通に営業します。

新暦は太陽の動きを基準とするため、1年は365日ですが、旧暦では暦を月の動きに合わせていたため1年が354日でした。

 

テトは旧暦を使うお正月ですので、日にちは毎年新暦に対して変わります。

テトの休暇期間は一般的に7日〜9日間があり、それは旧暦の12/28,29,30,1/1,2,3,4に当たります。

 

2023年のテト           2023年1月20日(金)~1月26日(木)

2024年のテト(予想)  2024年2月8日(木)~2月14日(水)

(ベトナムの壁掛けカレンダー 上:新暦の日付 ・下:旧暦の日付)

★テトの過ごし方

*テト前

テト本番のために色々な準備をします。大掃除や飾り、お歳暮、テトの食べ物・お菓子、服装など念入りに用意します。テト始まりの1週間〜2週間前は街にテト専用のお買い物の店がたくさん見受けられます。街が鮮やかに彩られて写真スポットとして使われる場所もよく見かけます。テト始まりの2、3日前の街は閑散になります。街は静かになりながらも、人の心が弾むような不思議な感覚になります。

 

 

*テト始まり

以下の一般的な伝統を紹介します。

大晦日:花火観賞🎆

旧暦1日2日3日: 新年の挨拶に自宅訪問

親戚やお世話になった先生、友達、近所のお宅を訪問し、関係がもっと友好になるように新年のお祝いをします。この時、子供にお年玉、年配の方に御年賀を渡して、祝福の言葉を交わします。

 

 

旧暦4日: お墓参り

亡くなった親戚など先祖を偲んで、冥福をお祈りします。お墓の掃除などを家族で行いますので、家族の絆を強くする意味もあります。

その以降

豊かな一年になりますように、お寺などに参拝しに行きます。

  

テトに欠かせない料理をご紹介します。

果物の盛り合わせ

基本的に新鮮で明るい色のある果物の5種類など(奇数がベスト)を選んで、綺麗に並べます。先祖へお供えしてから、皆に御福分けにします。

 

定番の食べ物

大家族で集まる時に、みんなで新年のお祝いしながら、一緒に召し上がります。

定番の食べ物は以下のようになります。 運が良くて祝福のある新年を迎える為の食べ物だと昔から伝わってきました。

・メイン:バインチュン(ベトナム風のちまき)、おこわ、茹でた鶏肉、肉ゼリー、揚げ春巻きなど

・お汁:竹の子と骨付肉のスープ、春雨スープなど

・漬物:らっきょうのピクルス、各種の漬物

 

★砂糖漬けのベトナム風お菓子

自宅に訪問してくれたお客様に対するおもてなしです。ココナッツなど砂糖漬けのベトナム風お菓子や洋風のお菓子、それと高価のワインなどが用意されます。

 

基本的には縁起のいい赤・黄色など明るい色がよく使われます。

デコレーション: 門や壁にかける福を招くと思われる派手な飾り

植物:桃の花(北部)、梅の花(南部)、金柑の木

テト期間にやってはいけないこと?

新年に悪いことを招いてくると思われる行為を避けます。代表の例は以下のようにご紹介します。

  • 旧暦の 1/1, 1/2, 1/3は家の床を掃いたりゴミ捨てたりしてはいけないです。理由は新年の福を捨ててしまうと思われているからです。
  • 割れ物や喧嘩や運気が悪い言葉の発言を避けること。新年に悪いことを招いてくると思われます。
  • 借りたり債権回収したりしないこと。
  • 昨年に家族の親戚が亡くなった場合、他の家に新年のご挨拶しに行かないことです。

 

ベトナムの十二支は「ウサギ」ではなく「ネコ」、「ウシ」ではなく「スイギュウ」、「ヒツジ」ではなく「ヤギ」

 

 

日本と同じく十二支が使われます。干支の名前は違う理由だと言えば、

これは昔からのベトナム国民の職業である農業に親しみの動物だと思われる説があります。

 

★テト期間中に旅行

テト中(基本的に旧暦の1/1,2,3)にはお店があまり営業しないので、要注意です。

 

ベトナムの企業と仕事をしている場合、長期で休みが発生するテト休暇には注意が必要です。

ベトナム人はテト期間、完全に休みに入るので、その期間は仕事を進めることはできません。

テトの期間は 毎年 1ヶ月ごろ前に判明します。ベトナム企業からもお知らせがあるので、テトに入る前に、仕事のスケジュールをしっかり確認するようにしましょう。

また気分が切り替わることから、テト明けは退職者が多くなることがあります。   

 

社内で新年パーティーを開催し、社員はお年玉をもらいます。

社員の絆を強くして、無事な一年の祝福するため、みんなで和気藹々するパーティーを行います。新年のお年玉をくじでひく形で受け取り、自分の今年の「運」を試します。

 

 

 今年もよろしくお願いします!

人気記事

気になる記事には [良いね・シェア]しよう!