ベトナムのスタートアップ支援施設

ベトナムのスタートアップ支援施設

ベトナムのスタートアップ支援施設

1.ベトナム国内のスタートアップ支援施設について

・ベトナム国内には140を超えるコアワーキングスペースがある。ローカル及び日系を含めた外資系企業が運営するコアワーキングスペースもハノイ市やホーチミン市、ダナン市などの大都市を中心に数多く開設されている。
・ベトナムの大手 VC(Mekong capital)の予測ではベトナムのコアワーキングスペースは今後5年間で5倍に成長すると予想されており、2024年にハノイ市とホーチミン市のコアワーキングスペースは250を超えると予想されている。
※参考(coworker):https://www.coworker.com/vietnam
※参考(Vietnam finance):https://bit.ly/2m849qj

2.ベトナム国内にあるコアワーキングスペース(一部)
WeWork (アメリカ系)
・世界最大規模のコアワーキングスペース運営会社。2018年12月にベトナム進出。ホーチミン市内で3カ所のコアワーキングスペースを運営している。入居者を対象にした交流会やイベントなども開催している。
WeWorkのサービスメニュー

※引用:参考(WeWork):https://www.wework.com/ja-JP/l/vietnam

Up Co-working Space(ベトナム系)
・ハノイに本社を置くコアワーキングスペース運営会社。ベトナム国内で5か所(ハノイ:4、ホーチミン:1)のコアワーキングスペースを運営している。2019年中にマレーシア(クアラルンプール)及びタイ(バンコク)で新たなコアワーキングスペースを開設する予定。
・コアワーキングスペースでは定期的にスタートアップ向けのイベントやセミナー、法律や会計等の支援サービスなども提供している。
Up Co-working Spaceのサービスメニュー

※引用・参考(Up Co-working Space):https://www.up-co.vn/

3. Leopalace21 Service Office Ho Chi Minh (日系)
・株式会社レオパレス21が運営しているシェアオフィス。2019年6月にホーチミンに開設。
・個室及びコアワーキングスペース、バーチャルオフィスのプランを提供している。
・オフィスは24時間365日理容可能。レセプションは平日の午前9時~午後6時まで利用可能。
Leopalace21 Service Office Ho Chi Minhのサービスメニュー

※参考(株式会社レオパレス21):https://www.leopalace21.co.jp/so/en/ho_chi_minh/

. RegusSpaces (スイス系)
・レンタルオフィス世界最大手のRegusグループが運営しているコアワーキングスペース。ベトナムではRegusとSpacesの二つのブランドでコアワーキングスペースのサービスを行っている。
・Regusブランドでハノイ市やホーチミン市、ダナン市でコアワーキングスペース(8か所)及び会議室(1か所)、ハノイ市でSpacesブランドのコアワーキングスペースを運営している。入居者を対象に交流会等も開催している。
Regus&Spacesのサービスメニュー

※参考(Spaces):https://www.spacesworks.com/hanoi/belvedere/
※参考(Regus):https://bit.ly/2kzvK3x