ホーチミン地下鉄の建設の現状

ホーチミン地下鉄の建設の現状

ホーチミン地下鉄の建設の現状

概要


ホーチミン地下鉄とはホーチミン市で2021年に完成が予定されている地下鉄建設計画。

ベトナム最大の都市であるホーチミン市は、人口の急激な増加及び急激な経済

発展に伴い、市民の足であったバイクや自動車による大気汚染と交通渋滞が社会

問題化していたが、鉄道を軸とした新たな交通手段の切り札として都市鉄道建設

が登場した。ベトナム国営ゼネコンと住友商事などの日本企業が共同事業体を組

み発注したことで、現地の雇用創出も期待されている。

建設中のインフラは2つの線で1号線(ベンタン~スオイティエン)と2号線

(トゥーティエム~フントゥアン)である。2020/5現在に、1号線のホーチミン市

民劇場駅(オペラハウス駅)という2番目の駅が基本的に完成したと明らかにした。

なお、4つの線: 3A号線、4号線、4B号線、5号線は建設の予定となっている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1号線の図面

(出典:清水建設ホームページ)

完成されたオペラハウス駅の景色と人民の期待


オペラハウス駅は基本的には地下1階に、待合所や券売機、自動改札機などが

整備されており、乗客はここから地下2、4階の乗降プラットホームに降りる仕組

みとなっている。


オペラハウス駅の入り口

オペラハウス駅の駅構内

駅間のつながる線路のトンネル

メトロの地下鉄電車

 

(出典:tuoitre.vn)

 

*人民の声について

「韓国のドラマに早くて涼しい地下鉄を使っている人々をみて凄く羨ましかった。自

国はいつか地下鉄できればいいなと望んでいました。やっと地下鉄が走るなんて嬉しすぎる」

 

「基本的には新しいイメージができました。駅の外の花壇はまだ整っていないなど外

の見た目も大事なので、綺麗にして欲しいですね。」

(出典:tuoitre.vn)

 

 課題


未来のベトナムのイメージを期待している一方に、円借款という課題について

心配している人も少なくない現状だ。なお、国は保存保持の活動とともに人民の

意識向上の対策を考慮する一方、それとも人民一丸という認識を教育するのも必

要であると考えている。