ベトナムでのSNSマーケティングちょっとだけ解説します(ツール編)

ベトナムでのSNSマーケティングちょっとだけ解説します(ツール編)

ベトナムでのSNSマーケティングちょっとだけ解説します(ツール編)

ベトナムでのオフショア開発を主とする弊社ですが、99%がシステム開発に関わる豪団ではありますが、
「ベトナムで〇〇ビジネスをやりたい」というようなご相談いただくこともございます。
実は、弊社、ベトナムの進出のお手伝いもしております。
そこで今回は、ベトナムでWEBマーケする際に重要になるベトナム人気SNSをご紹介します

第1位 Facebook

誰もが知る世界最大のSNS「Facebook(フェイスブック)」はベトナムでも大人気。マーク・ザッカーバーグ
と友人によって2004年にリリースされた実名登録を基本とするSNSです。月間利用人数は世界で23
億以上を誇ります。

実名登録を基本としているため、プライバシー機能がほかのSNSより充実しているのも特徴のひとつ。
個人アカウント以外にFacebookページと呼ばれるアカウントがあり、これは主に企業や著名人が作成する
ためのもの。友達としてつながるのではなく、ファンとつながるアカウントで、情報発信や求人を行うための
機能が豊富です。

先述のようにFacebookはベトナムでも圧倒的に人気のSNSで、なんとインターネットを利用するベトナム
人の95%が利用しているというデータも。芸能人や有名人、インフルエンサーもFacebook上で大活躍し
ています。
ベトナムのアイドル歌手Son Tung MTP氏は、Facebook上でのフォロワーが1,000万人以上と、ベトナ
ム人口の1割以上を誇ります。まさに国民的アイドルと言えるでしょう。

第2位 YouTube

米Google 社が提供する世界最大の動画共有サービスである「YouTube(ユーチューブ)」は2005年
に開設されました。世界で10億人以上のユーザー数を誇るSNSですが、ベトナムユーザーの数は2019年
時点のデータでは約4,500万人となっています。

ベトナムユーザーの1日のYouTube利用時間の平均は2.65時間だそう。これは後述する、ベトナムネッ
トユーザーのインターネット平均利用時間の三分の一以上を占める程の割合です。

第3位 Zalo(ザロ)

日本では馴染みが全くありませんが、2012年にベトナムで生まれた「Zalo」は、LINEとFacebookを合わ
せたようなSNSです。グループチャット機能や近くにいるZaloユーザーを検索できる機能、最長5分間の
録音した音声を送ることができる機能などが特徴。

一般的にベトナムでは音声でコミュニケーションをとることが好まれる傾向にあります。ベトナム発のSNSで
あるZaloは、そこに着目。音声メッセージ機能を強化したことで、多くのベトナムネットユーザーに親しまれる
SNSとなりました。
2016年にはベトナム国民の80%に使われるようになり、ユーザー数は8,000万人にのぼったとZaloが発
表しています。

Facebookがビジネスでも利用されるのに対して、Zaloはおもにプライベートで利用されているSNSです。
Zaloで商品をオンライン販売することも可能だとか。

今回は人気なSNSを3つ紹介しましたが、今後ベトナムのインターネット事情などもご紹介させていただき
ますので、ぜひお楽しみに。