ベトナムIT業界(主要サービス・平均供与・転職現状等)について

ベトナムIT業界(主要サービス・平均供与・転職現状等)について

ベトナムIT業界(主要サービス・平均供与・転職現状等)について

  1. ベトナムIT産業の主要提供サービス 

2019年の東南アジアのデジタル経済現状に関するレポートによると、この地域のデジタル経済現状は今年1,000億米ドルを超え、2025年までに3倍になると予測されています。東南アジアは、ハイテクに得意な人が多くて、特にスマホの使用者の増加により、Eコマースの急成長市場の1つと思われます。ベトナムTopDevの調査によると、2020年のベトナムの市場は、Eコマース、フィンテック、ネットでのタクシー手配・食事注文、エドテック、ヘルスケアなどの12つの主要分野として活躍しているという。

ベトナムは近い未来に世界の大手IT企業の狙っている投資市場になるでしょう.
アップルのアジアサプライチェーン運営責任の副社長のRory Sexton氏によると、アップルは同社のサプライチェーンへの加入希望のあるベトナムのICT企業とミーティングし、協力可能な分野を見

つけ出す方針があると述べました。
ベトナムの経済を後押しする役割にしている外資系の大企業であるSAMSUNGをはじめ、アップルのこれからの貢献とともに、2020年のベトナムへの外資の波が加速すると予想されています。さらにSAMSUNGは、2020年中に、ハノイ地域の研究開発に3億ドルを投資する一方、テクノロジー部に4,000人の人材を募集する予定があると発表しました。

インドの3大IT企業(世界でトップ5のアウトソーシング企業)の1つであるHindustan Computers Limited(HCL)は、ホーチミン市に同社の支店を開き、これからの5年にさらに10,000人のエンジニアを必要とするそうです。米国のトップ企業のセキュリティ関連企業であるAxon Enterpriseも同社の開発センターをホーチミン市に建設しました。

  1. ベトナムIT業界の平均給与について

Tech Management(企業のCTOまたはCIOの役割を持つ)の役職の給与は最大5,700米ドルである。経験豊富なエンジニアに支払う平均給与は1,329米ドルになり、一年後の昇給率
は12-18%に達していると多くの企業の現状である。
機械学習/ AIエンジニアは、給与が非常に高く、月給 2209米ドルとしてトップランクを維持しています。それでも、人材不足の状況とともに、厳しい要件により、5年以上経験のある管理者などリーダ役割に努める人材を探すために、高い給与だけでなく、生活に満たす色々な待遇の検討もしないといけないのは多くの企業の現状です。

  1. 転職の率が高いIT業界・人材不足の対策について

人材を見つけることは1つですが、人材を確保すること企業にとってなかなか解けない課題であります。退職率が最も高い4つの産業の1つはIT業です。平均勤続年数は僅か20ヶ月で2020年に退職率が24%にも達すると予測されています。この問題を解釈するために、ベトナムTopDevがエンジニア市場を調査しました。そのレポートによると、転職する理由の最も多いのは給与にあることではなかったとわかりました。教育制度・研修生協の充実(43.2%)、人生のキャリアの明確な計画有無(38.4%)など色々な価値観で判断するという。

転職の課題に対する対策について:
⑴国の教育制度にある問題に対する対策:
・IT関係の教育機関は量より質に考慮すべき
・インターンなど実際の業務を体験させるようなプログラムの頻度およびスタンダードへの工夫投資が必要。
・専門教育以外、外国語の教育やソーシャルスキルやEQ分野の教育への考慮も必要。

⑵企業の制度・環境にある問題に対する対策:
・新しい時代の働く文化にふさわしい企業文化・社員が働きやすい環境を改革すること
・会社は一人の会社ではなく、社員一丸全員で作るものという考えを伝えることで、社員からの建設的なアイデアを引き出すこと
・仕事の面だけでなく、社員の生活・精神的な面にも十分な気配りをし、社員の仕事とプライペートのバランスを保つこと

参考リンク:
https://techtalk.vn/bao-cao-thi-truong-it-2020-viet-nam-se-tro-thanh-quoc-gia-it-voi-nhieu-chi-so-trong-top-the-gioi.html