ベトナムは2030年までにデジタル国になることを目指す

ベトナムは2030年までにデジタル国になることを目指す

ベトナムは2030年までにデジタル国になることを目指す

6月3日、グエンスアンフック首相は、「2025年までの国家的デジタルトランスフォーメーション(以下DXという)プログラム、2030年まで続くビジョン」という計画を承認し、第749号の決定書に署名しました。

本プログラムはベトナムが2030年までデジタル国家になることを目指すビジョンを持ち、政府の管理・運営、企業の生産活動・営業活動、人民の生活・働く環境を改善し、根本的かつ包括的に刷新する目標を目指しています。政府は、デジタル政府、デジタル経済、デジタル社会を作る一方、グローバルデジタル企業の設立を支援するのも展開すると述べました。

DXとは、企業や国の機関の運用および管理システムにデジタルテクノロジーを適用するもので、効率指数を高め、競争上の優位性を得、特に国民の体験を向上させるという目標を目指しています。

(1) ベトナムのDX現状:

ベトナムの近年では、金融業、運輸業、観光業をはじめ、DXプロセスが始まっています。政府とあらゆるレベルはデジタル政府を目指す電子化政府を作るのに努力しています。一方、多くの都市も新しいテクノロジープラットフォームを備えた「スマートシティ」の構築を計画しています。しかし、ベトナム企業一般、特に中小企業は、 4.0技術革命の役割をまだ十分に認識していないのは今の課題の一つです。

シスコというグローバルネットワーク企業は地域全体の1,340社及びベトナムの50社を対象にし、「アジア太平洋地域の中小企業のデジタル開発指数」の調査を発表しました。それによると、デジタルスキルや人材の不足(17%)、デジタル化になる強力な情報技術の基盤の不足(16、7%)、企業のデジタル的思考または文化面の課題の欠如(15.7%)などという数字ではベトナムの中小企業の課題の障壁を明らかに示しています。しかし、この調査はベトナムの中小企業は、クラウドテクノロジー(18%)、ネットワークセキュリティ(12.7%)、デジタル化のソフトウェアとハ​​ードウェアの機能向上(10.7%)などということで徐々にDXに投資していることも述べています。

DXへ目指しながら何をすればいい?

  • 認識の変化について

本プログラムはDXの基盤を作るために、典型的で説得力の高い成功談などで社会に対するDXの使命、必要性、緊急性についての意識を備え、点から面へと広げる必要性を認識すべきことを示しています。

  • 行動について

デジタル政府の開発の課題とソリューションに関して、ひとつは専用データ伝送ネットワークやインターネットや国の機関のデータセンターの強みを組み合わせ、デジタル政府のインフラを強化し、あらゆる行政レベルを接続させることです。次は、電子化政府の強化するための決議、プログラム、計画、スキーム、プロジェクトの実施を促進することです。あとは国家データポータルの構築、ソーシャルメディアの最新のテクノロジーを適用するのを欠かせず、公共行政の手続きをスマホでも簡単かつ便利に情報をアクセスできるのと。国家的公共サービスポータルと接続する全国公共サービスポータルシステムを開発・完成させることを考えているという。

出典:

https://dantri.com.vn/suc-manh-so/viet-nam-xac-dinh-muc-tieu-den-nam-2030-tro-thanh-quoc-gia-so-20200604053546391.htm

http://vjst.vn/vn/tin-tuc/3302/thuc-day-chuyen-doi-so-tai-viet-nam.aspx