グーグルのスマホは年末にベトナムで製造される予定

グーグルのスマホは年末にベトナムで製造される予定

日経は、世界をリードするテクノロジーメーカーであるフォックスコンは、Covid-19 パンデミックによる貿易摩擦は依然として複雑であり、多様化するスピードを倍増させることを目指していると語りました。

したがって、Apple の主要サプライヤーである Foxconn は、今年、インドと台湾への投資を増やし、米中亀裂状況の中で、中国から離れて多様化するような取り組みを倍増させるという。

「インドは本来成長の中核とされる場所であり、インドへの投資の計画はそのまま進みます。今後からの数か月の間にインドで行われる次のステップの詳細計画について後ほどお知らせします。」と Foxconn 社長である YoungLiu 氏は6月23日に会社の年次総会で株主に述べました。

「台湾に関しては、Foxconn が未来の成長エンジンと見なしている電気自動車、ロボット、スマート医療機器を含む3つの領域に投資の拡大へ集中する」と述べ続けました。

台湾、インド、ベトナムは、Foxconn がこの2年間に製造の拡大に注力してきた場所です。Liu 氏は、2018年と2019年にインドに3億7100万米ドル以上、ベトナムに2億300万ドル以上を投資したと語りました。

Liu 氏によると、ベトナムは Foxconn の東南アジア最大の製造工場であり、インドでより大きな生産能力を持っているという。

Google の近日に発売予定する Pixel 5 スマートフォンは、今年後半にベトナムで Foxconn の中核企業である FIH-Mobile によって製造されると日経に共有しました。

日経によると Foxconn のインドの工場は、iPhone XR や iPhone 8 などの旧モデルの iPhone や Xiaomi などの企業向けのテレビやスマートフォンを製造しているという。

Foxconn は、アメリカの対中制裁関税の影響で、またはセキュリティに関する米国の顧客の懸念のために、生産ラインの一部を台湾に戻すことを決断しました。

2018年以降、米中ハイテク冷戦に巻き込まれており、企業は生産を多様化することでリスクを低減するよう求められています。昨年の年次総会で、Foxconn は顧客の多様化するニーズに応じて中国外の総生産能力の25%および16か国における製造工場が準備ができていると Liu 氏は述べました。