ブリッジエンジニア:ALLINONEの役割を果たす仕事

ブリッジエンジニア:ALLINONEの役割を果たす仕事

長年の経験を持っているブリッジエンジニア(BrSE)の給与は1か月あたり50万円ぐらいまでもらえて、この仕事の需要はベトナムで非常に大きいです。

ブリッジエンジニアの意味とBrSEの仕事について

Bridge Engineering(BrSE)は現在魅力的な人気のある給料を持っています。ベトナムの大手IT企業のBrSE管理部長によると、ベトナムで働いているBrSEの月給は、3~5年の経験を持ち、 N2またはN1の日本語能力相当の方だと、1,300 USDから2,000 USDです。

日本で仕事をする場合、最初の給料はすくなくとも25万円で、そのあとは日本語能力と技術のレベルに応じて調整されます。 5年の経験を持つBrSEの日本での給与は、約35~40万円で50万円に達するケースもあります。

最も基本的な説明は、ブリッジシステムエンジニアというのはアウトソーシング企業の中に、顧客とオフショア開発チームとつなぐ人物です。

BrSEの主な役割は、顧客の要件を理解し、顧客の要件を開発チームに伝えることです。また、BrSEは、開発チームからもらった回答を確実に顧客に伝える必要があります。

つまり、BrSEは顧客に対する技術コンサルタントでもあり、顧客の問題に対するソリューションを提供する側です。一方、プロジェクトの進捗状況管理および、顧客に最後に引き渡す製品の品質に責任を持つ役割もあります。

簡単に言うと、BrSEはビジネスアナリスト(BA)として、必要に応じて開発者(SE)として、テスター(Tester)として、進捗管理のプロジェクトマネージャー(PM)としてのAllinOne役割を果たします。

ブリッジエンジニアにはどのような資質が必要ですか?

IT業界で生き残るためには、時間をかけて新しい技術を学ぶ必要があります。これは非常に急速に変化する分野であるため、前例のないことに直面することを恐れないでください。ですから、常に新しいことや、知らないことを常に学ぶことが一番です。

次に、BrSe、特に日本のBrSEには、高い責任感が必要です。また、BrSEは開発チームとお客様のつながる架け橋であり、お客様の要望や開発チームの能力を定めるための能力が必要です。

もう1つの重要な要素は、両側の要件を満たすための柔軟性です。熟練していないBrSEが両側から圧力を受け、これは簡単にストレスにつながる可能性があります。

 

ブリッジエンジニアにはどのようなスキルが必要ですか?

プログラミングスキル(コード)

一般に、SEの仕事は、案件分析、定義書作成、実装、さらにはテストも含んでいます。わかりやすい説明書を作成するには、プログラミングの知識も必要です。

営業の段階では、BrSEは顧客に最も近い人物であり、デモ製品を作成して顧客に提示するなどのことを行います。プロジェクトを契約できると、次は、案件の見積もりなどに進みます…

ソリューションを提案する時、プログラミングの知識がわからないと、正しく説明することは困難でしょう。

セキュリティが高いため、日本国内にいるスタッフしかアクセスできない場合があります。プログラミングスキルが必要だと強調するあるプロのBrSEは非常に優れた比較を出しました。「漁師は常に泳ぐわけではないが、泳ぐことができなければならない」、同様に「BrSEは常にコーディングするわけではないが、コーディングが分からないといけないでしょう。」という。

 

コミュニケーション能力

架け橋の役割として、BrSEには優れたコミュニケーションスキルが必要です。 クライアントとのコミュニケーション、それとも、開発チームとのコミュニケーションです。BrSEは、顧客の文化特徴、ライフスタイル、感情、願望を理解し、信頼を得るために、個別のアプローチとコミュニケーションを必要とします。

特に、日本語の特徴では長い話をしてから結論に達することもあるし、結論が前もって言った内容に散らばる場合があるため、聴解能力は非常に高くなります。

BrSEは、開発チームに対して、最も確実かつ簡潔に伝える必要があります。そして、ほとんどの場合、BrSEは開発チームとオンライン会議で仕事を進めさせるので、作業プロセスにおいて、それを最大限に活用する方法について、BrSEに必要なスキルの一つになります。

 

外国語能力

実際、外国語能力はコミュニケーション能力に統合することができます。ただし、特にこの業界では、外国語の能力が不可欠な要素です。まず第一に、クライアントの母国語で仕事について相談することにより、クライアントからの信頼性と親密さをもたらすことができます

英語はグローバルな言語なので、英語だけ喋れば、快適に仕事と生活ができかもしれないのですが、日本をはじめ、かなり典型的な国では日本語などその国の母国語ができるとは、依然として労働者の評価を支える要因です。そして日本人自身も、日本語を話せる人と一緒に働くことを望んでいるんでしょう。

さらに、ITは大量のドキュメントを読む必要がある業界ですが、ほとんどのドキュメントは外国語で書かれているため、外国語が流暢に使えることは大きな助けになります。

 

問題解決スキル

この業界では、問題解決のスキルが特に重要です。明日問題が発生するか誰にもわからなかったり、プロジェクトが困難なフェーズにいる状態でも、メンバーは突然作業できなくなったり、お客様の要望を完全に誤解していたり、いろいろな問題を抱えています。

したがって、問題が発生した場合、アプローチの仕方は非常に重要です。合理的なアプローチの仕方では、大きな問題を徐々に解決することができます。間違い方向に行くと、プロジェクトに深刻な問題を引き起こす可能性があります。このスキルを得るために、仕事でたくさん「戦う」という覚悟をし経験を積むことで、徐々に向上すると言えます。

 

自習スキル

最後に、自習スキルも非常に重要です。 IT開発の業界には速く新しい知識をゲットする者は色々なメリットを持ちます。インターネット、ドキュメント、前任者、進行中のあらゆるタスクなど、さまざまな場所から学ぶことができます。次に、各々の進みたい方針に応じて、興味を持っている分野を深く調べて勉強します。

 

出典:

https://cafebiz.vn/ky-su-cau-noi-nghe-nhan-luong-hang-nghin-do-danh-cho-dan-it-20200827170759669.chn